投資に抵抗がある人必見!日本とアメリカの違いについて

投資に抵抗がある人必見!日本とアメリカの違いについて

皆さんは投資という言葉を聞いてどういうイメージが湧くでしょうか?日本ではあまり馴染みが無い人が多いかもしれませんが、アメリカでは投資に対しての考え方が全然違うんです。

経験したことがある人であればアクアシステムについても抵抗が無いと思いますが、投資に全く縁の無かった人は抵抗を感じる人も中にはいるかもしれません。そこで投資に対する意識について考えていきたいと思います。

AQキャッシュ公式HP

未経験者の一般的な投資のイメージ

リスクが大きい

未経験がまず頭に浮かぶのが投資のリスクのことではないでしょうか。たしかに投資にはリスクは伴いますが、しっかり勉強をして判断能力がある人であればリスクがあっても、最小限に抑えることだってできます。

何も分からない状態だとただ資産が無くなってしまう恐れがあるんじゃないかと不安になるかもしれませんが、そんなことが日常茶飯事にあったら誰も投資なんてしませんよね(笑)

自分とは無縁の世界

普段の生活に余裕が無かったら生活することで頭がいっぱいなので、なかなか投資をするという発想にならないかもしれません。

でも投資は少額からでもすることができるもっと身近な存在です。今まで馴染みが無かったからやらないというのは自分の可能性を狭めてしまっていると思います。

怪しい

これは僕も正直ありました(笑)その原因はやはり投資をうたい文句にした詐欺のニュースをよく耳にするからだと思います。

普通に投資をしている人もたくさんいるはずなのに、そういった人の情報って周りにいないとほとんど入ってこないんですよね。

アメリカと日本の違い

日銀が発表した「資金循環の日米欧比較」(2016年9月)によると、現金・預金比率は 日本52% 米国13%に対して、株・投資信託は米国47% 日本16%となっています。

これを見ると

わかるように日本人とアメリカ人では預金と投資が反対になっているんです。それだけアメリカでは投資は一般的に行われています。

どうしてこんなにも投資の意識が違う?

お金に対しての考え方の違い

日本人はお金を稼ぐと貯金をするという考えが一般的です。もちろんそれも悪いことではないですが、アメリカ人はその稼いだお金を上手く使ってより豊かな生活を得ようとする違いがあります。

教育の違い

日本ではあまり学校で投資について学ぶ授業はありませんが、アメリカでは学校で投資について学ぶ機会が用意されています。

やはりこういった教育の違いから投資に対しての意識が違ってきていると考えられます。

このように投資というものは抵抗を感じるようなものでは無いということですね。大事なのはローリスクで確実に資産を増やせる方法を探していくことです。

そしてその答えがAQキャッシュということに繋がっていくということですね。

AQキャッシュ公式HP TOPページを見る